メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI

誤って「回転」と錯視…人間同様に 立命大など発見

円が回転して見える「蛇の回転錯視」=立命館大学の北岡明佳教授提供

 静止画なのに回っているように見える「錯視」について、深層学習(ディープラーニング)で自ら学習する人工知能(AI)も、人間と同様に「回っている」と誤って判断し、錯視が起きていることを、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)と立命館大学(京都市)などの共同研究グループが発見し、国際学術誌で発表した。

 AIの深層学習は、世界のトップ棋士を次々と破った「アルファ碁」で注目を集めた新技術。画像など膨大なデータを読み込み、判…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]