AI

誤って「回転」と錯視…人間同様に 立命大など発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
円が回転して見える「蛇の回転錯視」=立命館大学の北岡明佳教授提供
円が回転して見える「蛇の回転錯視」=立命館大学の北岡明佳教授提供

 静止画なのに回っているように見える「錯視」について、深層学習(ディープラーニング)で自ら学習する人工知能(AI)も、人間と同様に「回っている」と誤って判断し、錯視が起きていることを、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)と立命館大学(京都市)などの共同研究グループが発見し、国際学術誌で発表した。

 AIの深層学習は、世界のトップ棋士を次々と破った「アルファ碁」で注目を集めた新技術。画像など膨大なデータを読み込み、判…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

あわせて読みたい

注目の特集