メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米国

知財侵害で対中制裁 100品目超に高関税か

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、中国が米国の知的財産権を侵害していると断定し、米通商法301条に基づく制裁措置を22日に決定する方針を固めた。米主要メディアが一斉に報じた。中国からの輸入品に高関税を課すことが柱。中国の反発は必至で、超大国同士の貿易戦争の恐れが強まりそうだ。

 関税の対象は100品目を超え、年間300億~600億ドル(約3兆2000億~6兆4000億円)相当になる可能性がある。米議会調査局によると、通商法301条に基づく制裁関税の税率は通常100%になるという。中国からの輸入が多い電子機器や衣料品などが関税の対象になる見通しだ。

 ホワイトハウスは21日、トランプ氏が22日に中国による経済的な侵害に対抗するための文書に署名すると…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文931文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです