メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

注目の合葬墓とは 管理任せて費用は安価

昨年11月8日開設された築地本願寺の合同墓=東京都中央区で2018年3月17日、小松やしほ撮影

 都市部では少子化や核家族化、地方では過疎の進行などによって無縁墓が増えている。このような状況で、個人単位で他人と一緒に埋葬される「合葬墓(永代供養墓、合同墓)」が注目されている。どのようなものなのか。費用や、検討する際に心にとめておきたいことなどをまとめた。【小松やしほ】

運営主体をチェック/供養の在り方を検討/死亡通知の手段を確保

 築地本願寺(東京・築地)が17日に開いた合同墓の説明会会場は、ほぼ満席50人ほどの参加者が集まっていた。年代は60代、70代が多く、9割が女性だ。中には親子連れの姿もある。説明会は寺の歴史、宗派である浄土真宗の教義に始まり、本堂や合同墓の見学など契約内容の確認だけにとどまらない。正味2時間の長さだ。

 都内で暮らす63歳女性は昨年、夫を亡くした。無宗教だった夫は生前「実家の墓に入る気はない。墓も要ら…

この記事は有料記事です。

残り2004文字(全文2372文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
  5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]