メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

唇に歌なくしては=近藤勝重

 気の合った連中と集まり雑談していると、昭和歌謡の歌番組を見ている者が多いのにちょっと驚く。え、お前もか。うん、ぼくもだ、と話は弾み、やがて昭和最高の歌手は誰なのか、と盛り上がってくる。

 歌手だから、歌の上手か下手かが問題だが、女性では美空ひばりさんに落ち着く。ぼくあたりが、ちあきなおみさんの名を挙げても「ひばりが出せた裏声(ファルセット)の魅力が彼女にはない」などと言って相手は譲らない。ぼくもいろいろ言いつつ、内心ではやはりひばりさんかな、と思っているので、さしたるやりとりにはならない。

 歌の上手下手の分かれ目は音域、リズム感、声音によるとされるが、心で歌っているかどうか、ぼくにはそれ…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

  5. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです