メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

加藤登紀子 「自分」テーマに時代歌う ベスト盤・自伝、相次ぎ発売

 「一人の歌手を歌うことは歴史を語ること」。加藤登紀子は、これまでエディット・ピアフや美空ひばりをコンサートで特集してきた。その過程で、彼女たちの歌が、時代や社会の風景を活写し記録していたと気付いた。特に戦争は心身に深い傷を残し、彼女たちはそこから逃れようと、自由や平和を求め歌った。今年、加藤は「自分」をテーマにすることにした。

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1187文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです