メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通事故

歩行中の小1死傷者、小6の3倍 警察庁分析 13~17年

 2013~17年の5年間に歩行中の小学生が巻き込まれた交通事故を警察庁が分析したところ、小1の死傷者数は7461人で、小6の2085人の3倍以上だったことが22日、同庁への取材で分かった。死者数に限ると差はさらに広がり、小6の4人に対して小1は32人と8倍となった。入学シーズンを前に、警察庁は「子供がまねをするので、絶対に大人が横断歩道を赤信号で渡ったりしないでほしい」と呼び掛けている。

 警察庁によると、小1~6年の歩行中の死傷者数は5年間全体で2万7264人、このうち死者数は84人だ…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文707文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです