メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川端康成青春文学賞

誕生 大阪・茨木市主催「ゆかりの地で才能発掘」

 ノーベル文学賞を日本人で最初に受賞した川端康成(1899~1972年)の名を冠した公募賞「川端康成青春文学賞」が創設された。今年は、川端が幼少、青年期を過ごした大阪府茨木市の市制70周年とノーベル賞受賞50周年の記念年に当たる。

 川端は、大阪市内で生まれ3歳で両親と死別。その後、現在の茨木市内の祖父母宅で16歳まで過ごした。中学時代に文芸誌などを読みあさって小説家を志し、旧制茨木中(現・大阪府立茨木高)卒業後に上京した。賞を主催する茨木市には、川端康成文学館があり、「川端が作家を志した地で才能を発掘したい」と旗を掲げた。応募者…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです