メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る東海百景

4県のJR・私鉄、バリアフリーの盲点 駅内にも優先席を 待合室、ホーム「座りたい」

 身体の不自由な乗客や高齢者、妊婦などに席を譲るよう求める「優先席」。電車内ではよく見かけるが、駅のホームにもほしいという要望がある。総務省中部管区行政評価局が昨年、調べてみたところ、愛知、岐阜、三重、静岡の東海4県で、待合室やホームのベンチに優先席を設けている事業者はゼロだった。

 「電車を待つ間、ベンチを利用したいが、座れないことが多い」。昨年4月、足が不自由という利用者から相談が寄せられた中部管区行政評価局は、同年5~6月、JR東海、名古屋鉄道、近畿日本鉄道など東海4県で鉄道事業を営む27社にアンケートした。駅に優先席を設けているか尋ねたところ、全社から未設置と回答があり「ホームのベンチを増設して対応している」「要望がない」などが理由として挙げられた。「電車内と比べ需要が低いという認識がある」と同局は分析する。

 ただ、旅行客や通勤客で混み合う大規模駅では、休憩場所を確保するのは簡単ではない。新幹線、在来線を合…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです