特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

明秀日立、あす初戦 ダンス部と吹奏楽部、野球部に負けぬ練習 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
甲子園に向け応援の練習をする明秀日立ダンス部「ブルーフェアリーズ」と 拡大
甲子園に向け応援の練習をする明秀日立ダンス部「ブルーフェアリーズ」と
明秀日立吹奏楽部員ら=日立市神峰町3の明秀日立高で 拡大
明秀日立吹奏楽部員ら=日立市神峰町3の明秀日立高で

 <センバツ高校野球>

 23日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)には、明秀日立ダンス部や吹奏楽部も「初出場」する。計約100人で応援を引っ張り、スタンドとグラウンドを一体化させて勝利を呼び込む。

 ダンス部「ブルーフェアリーズ」からは、チアリーダー28人が参加する。10日に日立市内であったNPO法人「ひたち夢元気プロジェクト」企画のダンス教室では、プロ野球をダンスで盛り上げる巨人の公式マスコットガール「ヴィーナス」から指導を受けた。会沢碧さん(3年)は「甲子園では少しの乱れが目立ってしまう。元気な笑顔と声で野球部を応援したい」と話す。

 ナインを鼓舞する吹奏楽には、吹奏楽部員40人のほかに日立二高の全女子部員21人が友情出演する。合同練習はこれまで3回のみと限られたが、それぞれが野球部に負けじと放課後に練習を重ねてきた。レパートリーは約30曲。ホルンを奏でる明秀日立の鈴木詩さん(3年)は「甲子園は広いので、演奏会とは違ってとにかく大きな音を出さないといけない。大変だが、初めてなので楽しみ」。

 黒の学ラン姿で声を張り上げ、生徒たちの先頭に立つ「応援委員会」は24人。委員長の荒井瞭さん(3年)は「これまでやってきた練習の成果を生かし、スタンドの雰囲気を最高潮に盛り上げたい」と声を弾ませている。【川崎健】

関連記事

あわせて読みたい