メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャズ音楽祭

楽器指導など交流会も 阿賀野で来月15日、海外プロ招き /新潟

事務局長の武石明さんは「老若男女、誰でも自由に参加してほしい」と呼びかけている=阿賀野市寺社で

 「音楽の楽しさ、一体感を感じてほしい」--。阿賀野市の有志らが企画する「あがの国際交流音楽祭」が来月15日、阿賀野市岡山町の水原総合体育館で行われる。海外で活躍するプロのジャズミュージシャンを招き、演奏を楽しむだけでなく、希望者は本格的な楽器指導も受けられるイベントにするという。

 招へいするのは、イタリア出身のサックス奏者、ロザリオ・ジュリアーニが率いるカルテット(4人組)で、アコーディオン、ドラムス、ベースの奏者たち。同市在住の羽田亨さん(65)が昨年11月、知人で香港大学でジャズ講座などを行う音楽家、…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです