ジャズ音楽祭

楽器指導など交流会も 阿賀野で来月15日、海外プロ招き /新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
事務局長の武石明さんは「老若男女、誰でも自由に参加してほしい」と呼びかけている=阿賀野市寺社で
事務局長の武石明さんは「老若男女、誰でも自由に参加してほしい」と呼びかけている=阿賀野市寺社で

 「音楽の楽しさ、一体感を感じてほしい」--。阿賀野市の有志らが企画する「あがの国際交流音楽祭」が来月15日、阿賀野市岡山町の水原総合体育館で行われる。海外で活躍するプロのジャズミュージシャンを招き、演奏を楽しむだけでなく、希望者は本格的な楽器指導も受けられるイベントにするという。

 招へいするのは、イタリア出身のサックス奏者、ロザリオ・ジュリアーニが率いるカルテット(4人組)で、アコーディオン、ドラムス、ベースの奏者たち。同市在住の羽田亨さん(65)が昨年11月、知人で香港大学でジャズ講座などを行う音楽家、…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

あわせて読みたい

ニュース特集