メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道三まつり

音楽隊やみこし、岐阜市内パレード 来月7、8日 /岐阜

昨年開かれた「道三まつり」。担ぎ手の威勢の良い掛け声とともに市街地を進むみこし=岐阜市若宮町で、沼田亮撮影

 みこしや音楽隊の華やかなパレードで知られる「道三まつり」が4月7、8日、岐阜市中心市街地で開かれる。岐阜商工会議所、市、市教育委員会などでつくる実行委員会主催。戦国武将の斎藤道三の名を冠した今回で第46回の伝統行事。

 7日午前10時からの道三公追悼式(同市梶川町9の常在寺、雨天決行)で幕を開ける。午前11時半から正午はテレビアニメ「信長の忍び~姉川・石山篇~」トークショーがJR岐阜駅の信長公ゆめ広場ステージで、声優で木下秀吉役の山口勝平さん、明智光秀役の立花慎之介さんらが登壇する。

 主要行事のみこしと音楽隊のパレードは、午後0時半~午後3時半、長良橋通りを会場に、みこしは市役所本庁舎前から、音楽隊は円徳寺前から出発する。みこしは23団体約2200人、音楽隊は4団体約140人が参加予定(雨天の場合は8日に順延)。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです