特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

強者に勝て

’18センバツ下関国際 第3部・選手紹介/8 渡辺陸内野手/中尾晴樹内野手 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

元気でチーム引っ張る 渡辺陸内野手(3年)=下関市立文洋中

渡辺陸内野手 拡大
渡辺陸内野手

 人を笑わせることが好きなムードメーカー。練習中は、人一倍大きな声を出し、グラウンド全体に活気をもたらす。

 人気野球アニメ「メジャー」の影響で、小学5年から野球を始めたが、バスケットボールもサッカーも好き。テレビで見て憧れた甲子園を目指し、下関国際には一般入学した。

 「入れば特待生も一般も同じ」。想像以上にきつい練習に元気を失う時期もあったが、1年ほど前、坂原秀尚監督から「お前の取りえは何だ」と問われ、はっとした。ミスしてもめげることなく「元気でチームを引っ張る」ことを心がける。

 技術面でも、打球へ寄る速さや球際の処理が上達し、昨秋に続いて内野手としてメンバー入りを果たした。

 初めて甲子園の舞台に立つ。「元気よく、球際もどんどんさばいていきたい」とその日を待ちわびている。

パワーある代打切り札 中尾晴樹内野手(2年)=福岡・前原東中

中尾晴樹内野手  拡大
中尾晴樹内野手 

 右の代打の切り札だ。昨夏は県大会でベンチ入りしたが、甲子園では選に漏れ「自分の力不足だった」と振り返る。

 幼いころからソフトバンクのファンで、今も時間があればラジオで中継を聴く。ご飯を一日9合食べ、体重は入学時から10キロほど増えた。体の成長と合わせパワーも付いて「打球が飛ぶようになった」と手応えを感じている。坂原監督は「バッティングがすごく伸びた」と目を細めるが、本人は「実力はまだまだ」とさらに上を目指す。

 代打で出場した最近の練習試合で安打を放つなど、調子は上がってきている。センバツの打席では、目標とする「頼りになる選手」と呼ばれるにふさわしいバッティングを披露するつもりだ。


おことわり

 選手の学年は22日紙面から新学年表記とします。

〔山口版〕

関連記事

あわせて読みたい