メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古書店

人生救われた「本」が転機 「難病持ち、就職経験なし」の私でも…30歳田中さん開店 藍住 /徳島

古本屋「37・7書店」を始めた田中心さん=徳島県藍住町矢上のギークハウス藍住で、松山文音撮影

 「30歳、無職。難病持ちの実家暮らし。就職経験もない。でも古本屋を始めることになった」と笑う。今月から開店した「37・7書店(さんじゅうななどななぶしょてん)店主、田中心(まこと)さん(30)。国指定の難病、クローン病と診断されて今年で17年になる。「もしかしたら自分も何かできるかも、と同じような病気を持つ人たちに、ちょっとしたきっかけを作れたら」と話す。【松山文音】

 店は、ITの専門知識を持ったクリエーター(ギーク)らが集い、生活の場とする「ギークハウス藍住」(藍…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1532文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです