特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

高知・選手紹介 入野皓大選手/佐々木廉選手/澤田凌旺選手 /高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高知の入野皓大選手=高知市尾立の高知グラウンドで、岩間理紀撮影 拡大
高知の入野皓大選手=高知市尾立の高知グラウンドで、岩間理紀撮影

 <センバツ2018>

 センバツ開幕を間近に控えた高知。本番を前に、出場選手登録された追加メンバーを紹介する。【岩間理紀】

ファインプレー狙う 入野皓大選手(3年)

 背番号「9」。守備範囲が広く安定感に定評があり、走塁面でも「スライディングで捕手をかいくぐる自信はある」。ナインが認める技術で本塁を狙う。

 出身の高知市立西部中時代、当時の監督で、現在はライバル校の上田修身・高知商監督らに野球の基礎や取り組み方を学んだ。Kボール県選抜で高知中の生徒らと組んだことなどから同高に進み、新チームでメンバー入りを果たすも今冬に肩を負傷。「絶対に選ばれな、いかんですね」。試練を超え、再びつかんだチャンスで目指すのは球場を沸かす「ファインプレー」だ。

 169センチ、70キロ。

走塁でチームに貢献 佐々木廉選手(3年)

高知の佐々木廉選手=高知市尾立の高知グラウンドで、岩間理紀撮影 拡大
高知の佐々木廉選手=高知市尾立の高知グラウンドで、岩間理紀撮影

 背番号「15」。機動力を重視する今季のチームで、「走塁のスペシャリスト」とナインが認める「足」が最大の武器だ。「出塁、代走、何でもいい。与えられた役割でチームに貢献したい」とセンバツでも疾駆を誓う。

 心に刻む言葉は「凡事徹底」。「当たり前のことをやっていったら、大きな力になる」。一度はメンバーから外れたが、ひたむきに打ち込んだ努力で戦力に。「とにかく積極的に、次の塁を狙って」。普段は柔和な笑顔が塁上では鋭く変わる。

 「足でみせたい。元気のあるプレーを」

 高知中出身。170センチ、64キロ。

周りへの感謝を力に 澤田凌旺選手(2年)

高知の澤田凌旺選手=高知市尾立の高知グラウンドで、岩間理紀撮影 拡大
高知の澤田凌旺選手=高知市尾立の高知グラウンドで、岩間理紀撮影

 背番号「18」。安定感のある守備が売りの外野手で、甲子園でも「他の選手が打撃に集中できるよう、自分は守備で役割を果たしたい」。

 昨年9月、自主練中に打球を頭部に受けた。脳挫傷で意識を失い、目覚めた時にも左半身にまひが。「野球だけではなく、日常生活さえ送れなくなるかもしれない」。恐怖もあったが、必死にリハビリに取り組み復帰。同高OBの兄凱さんら家族やチーム、応援してくれた愛宕病院のスタッフが前に進もうとする背中を後押しした。

 「支えてくれた全て人たちへのプレーを」

 高知中出身。163センチ、55キロ。

関連記事

あわせて読みたい