特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

#初めての春

第3部 伊万里センバツナイン/17 畑元真治外野手(3年) チームの空気変え貢献 /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「好きな言葉」は? 拡大
「好きな言葉」は?

 <第90回記念選抜高校野球>

 いかに投手や野手の「間」をとってみんなの気持ちを勝利に向かわせるか。試合中にベンチの指示を伝える伝令として常に心がけていることだ。無理に明るくするではなく、いつも通りに接して選手を落ち着かせることを意識している。

 幼少期に左耳がほぼ聞こえなくなった。今も左側からの指示は聞こえづらく、プレー中は左側を細心の注意を払う。行き詰まった時は長風呂で息抜きをする。1時間ほど湯船につかりながら「何でこがんせんかったんやろ」と後悔に溺れる。

 初戦の大阪桐蔭は強打者がそろう優勝候補で、ピンチが続出するかもしれない。一呼吸置く伝令の動きがより重要になる。「伝令の時間は限られた特別なもの。チームの空気を変えて貢献したい」。甲子園のマウンド上でも、集まる仲間の表情や仕草をつぶさに見ながら、平常心で声をかける。【池田美欧】

     ◇

 選手らの学年は本日紙面から新学年表記とします。


 ▽右投げ右打ち▽伊万里市立南波多中出身▽身長170センチ、体重75キロ▽趣味は釣り▽将来の夢は理学療法士▽チームでは、愛嬌(あいきょう)のある顔が周りをなごませる存在

関連記事

あわせて読みたい