特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

夢舞台へ

センバツ伊万里 「共に汗した仲間の力に」 井手・応援団長が闘志燃やす /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全校生徒の応援練習でマイクを握りあいさつする井手さん 拡大
全校生徒の応援練習でマイクを握りあいさつする井手さん

 <第90回記念選抜高校野球>

 23日に開幕するセンバツに初出場する伊万里高校野球部の井手陽大さんは甲子園での応援をまとめる応援団長だ。選手たちの誰もが「ムードメーカー」と認める井手さんは「選手の力になる応援をしたい」と闘志を燃やしている。

 3年生で外野手の井手さんは長崎県松浦市立福島中の出身。メンバーを外れ、「何かしらチームの力になりたい」と応援団長に立候補した。「実は恥ずかしがり屋」と打ち明ける一方で「リミッターが外れたら一番元気な自信がある。家などスイッチが入っていない時は全く話さないが、学校では盛り上げ役」と、応援団長という大役に意欲満々だ。

 甲子園に各校必ず1人いる応援団長をテレビで見て、「みんなを引っ張っている姿が格好良い」と憧れてきた。他校の応援団長のように「みんなをまとめ、声が出なくなるまで声を出し、試合でも応援でも勝てるようにしたい」と力を込める。

 ベンチ入りメンバーもスタンドで応援する部員も、皆同じグラウンドで監督に怒られながら練習に励んできた仲間だ。26日の初戦の相手である大阪桐蔭は昨年のセンバツ優勝校。井手さんは「うちは主将を中心に元気があふれているチーム。甲子園でもし元気がなかったら、怒る。説教してやる」。共に汗を流した選手たちが力を出し切れることを祈り、見守っている。【池田美欧】

関連記事

あわせて読みたい