森友学園

国有地売却問題 文書改ざん、高まる関心 野党演説に1000人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
学校法人「森友学園」を巡る財務省文書改ざん問題を受けて開かれた街頭演説で、政府の対応を批判する立憲民主党の枝野幸男代表の演説を聞く人たち=JR新宿駅前で2018年3月21日午後5時59分、宮間俊樹撮影
学校法人「森友学園」を巡る財務省文書改ざん問題を受けて開かれた街頭演説で、政府の対応を批判する立憲民主党の枝野幸男代表の演説を聞く人たち=JR新宿駅前で2018年3月21日午後5時59分、宮間俊樹撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、野党各党は春分の日の21日も街頭などで真相解明の必要性を訴えた。

 立憲民主党は同日夕、東京・新宿で街頭演説会を開き、真冬に戻ったような冷たい雨が降りしきる中、約1000人が参加。枝野幸男代表は「安倍昭恵氏は首相夫人であり、純粋な…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

あわせて読みたい

注目の特集