メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、書面判断12件 違法審査横行か

 障害者らへの強制不妊手術の適否を判断するため、旧優生保護法(1948~96年)の施行令で開催が義務づけられていた審査会が省略され、「持ち回り審査」と呼ばれる書面審査だけで決定された手術が全国で少なくとも12人分確認された。滋賀、岐阜、三重、福岡の4県が毎日新聞の開示請求や閲覧申請に開示した審査会議事録などの資料から判明した。いずれも、旧厚生省が53年に事務次官名で書面審査をやめるよう都道府県知事に通知した後に行われており、議事録には違法性を指摘する委員の意見も記録されていた。

 同法施行令は、「(審査会について)委員総数の2分の1以上の出席がなければ議事を開き議決することがで…

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1732文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです