メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/13 三菱の底力、天下続かず

三菱商事の垣内(左)と伊藤忠の岡藤=コラージュ・立山善哉

 「これまで利益至上主義できたが、単に稼ぐだけではだめや」。昨年5月、2016年度決算の説明会の場で、伊藤忠商事社長の岡藤正広(68)はこれまでの路線の転換を表明した。

 10年4月の社長就任以来、岡藤は商社4位から順位を上げることにこだわり、がむしゃらに利益を追い求めてきた。15年度には資源価格の急落で三菱商事と三井物産が最終(当期)損益で赤字に陥り、非資源事業を強化してきた伊藤忠は悲願の業界トップに躍り出た。

 しかし、16年度は資源価格の持ち直しを受けて、三菱商事が4403億円の黒字に回復し、底力を見せつけ…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです