メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

8年目 被災地の思いは 地元紙が報じた今

岩手日報の3月11日紙面に2ページ見開きで掲載された企画広告「夢でしか、会えない妻へ。」(同社提供)

 東日本大震災から8年目に入った。1万2000人以上が仮住まいを続け、避難生活者が約7万3000人に上る現状を反映して、被災地の岩手、宮城、福島3県の新聞は11日を中心に、復興や自立に向けて取り組む人々の姿などを記事にした。東京電力福島第1原発事故の地元・福島県では二つの地方紙が深刻な実情を伝えている。【川名壮志】

この記事は有料記事です。

残り2497文字(全文2655文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  5. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです