メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア大統領選

プーチン氏4選 トランプ氏、祝意で波紋 対立点抱え批判も

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は20日、18日投開票されたロシア大統領選で通算4選を果たしたプーチン大統領と電話協議し祝意を伝えた。その後、トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「とても良い協議だった。そう遠くない将来に(プーチン氏と)会談するだろう」と述べた。ロシアによる米大統領選介入などを巡り両国間が冷え込む中での祝福に批判の声も上がっている。

 トランプ氏は記者団に米露間の軍拡競争について「歯止めがかからなくなっている」と指摘、プーチン氏も当選後、軍縮の必要性に言及したことに触れ、軍拡競争抑制のため首脳会談に臨みたい考えを示した。ホワイトハウスによると、両首脳は北朝鮮やシリア情勢についても意見を交わした。一方、大統領選介入やロシア発とされる大規模サイバー攻撃、英国でのロシア情報機関元幹部襲撃事件は議論にならなかった。

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです