メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

デジタル課税案 IT大手の売り上げ対象 米反発

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州委員会は21日、米グーグルやフェイスブックなどIT(情報技術)大手を対象とした独自の「デジタル課税」案を公表した。課税対象を利益から売り上げに切り替えて、税逃れを防ぐのが狙いだ。だがIT企業を多く抱える米国は反対姿勢を鮮明にしており、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を巡って対立が続く米欧関係の新たな火種となりそうだ。

 EUが課税対象として想定しているのは、世界での売上高が年7億5000万ユーロ(約975億円)以上で…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文852文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです