メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

改定から22年 強制不妊手術 救済、ようやく緒に

旧優生保護法の下で強制された不妊手術について国に損害賠償を求めた訴訟を巡り会見する弁護士ら=仙台市青葉区で、喜屋武真之介撮影

 障害者らへの強制不妊手術を認めていた旧優生保護法(1948~96年)が母体保護法に改定されて22年。10代で手術を受けた宮城県の60代女性が国を提訴したのをきっかけに、超党派の議員連盟が発足するなど賠償と謝罪を求める動きが広まりつつある。しかし、手術を受けたとされる1万6475人のうち、資料が残るのは約2割にとどまる。

この記事は有料記事です。

残り4295文字(全文4456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです