特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法を問う

改定から22年 強制不妊手術 救済、ようやく緒に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
旧優生保護法の下で強制された不妊手術について国に損害賠償を求めた訴訟を巡り会見する弁護士ら=仙台市青葉区で、喜屋武真之介撮影
旧優生保護法の下で強制された不妊手術について国に損害賠償を求めた訴訟を巡り会見する弁護士ら=仙台市青葉区で、喜屋武真之介撮影

 障害者らへの強制不妊手術を認めていた旧優生保護法(1948~96年)が母体保護法に改定されて22年。10代で手術を受けた宮城県の60代女性が国を提訴したのをきっかけに、超党派の議員連盟が発足するなど賠償と謝罪を求める動きが広まりつつある。しかし、手術を受けたとされる1万6475人のうち、資料が残るのは約2割にとどまる。

この記事は有料記事です。

残り4295文字(全文4456文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集