メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

老後の資金「公的年金増」で

 「人生100年時代」が意識され、長い老後を過ごすための資金設計が問われる。長寿リスクにどう備えるか。現役世代が老後を迎えたとき、定期的に入るお金の流れである公的年金を積み上げる方法を中心に考える。

 漠然とした「老後不安」を抱える人は多い。三菱グループの公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団が昨年2月、40~50代の正社員5000人を対象にした調査によると、男女とも半数が引退後の「経済的困窮」を不安に挙げる。しかも、自身が想定する寿命の平均は男性77・7歳▽女性78・8歳で、実際の50歳の平均余命(2016年版簡易生命表)の男性32・54年(83歳)▽女性38・21年(88歳)と隔たりがある。想定以上に長生きすることを見越した老後設計が求められる。

 老後資金については「いくら必要か」という資産(ストック)が話題になるが、長寿リスクという視点では、老後に定期的に入るお金の流れ(フロー)が重要だ。まず、公的年金の存在感が大きい。死ぬまで受けることができ、インフレにもある程度対応できるマクロ経済スライドの仕組みがあるためだ。

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです