メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース検定に挑戦

今回は2級 確定拠出年金とは?

証券会社が開いた個人型確定拠出年金の加入対象者向けセミナー。将来に備える勤労世代の意識は高まっている=東京都千代田区で、野田武撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 ◆問題 日本の確定拠(きょ)出(しゅつ)年金について、誤っている記述を次から一つ選びなさい。

(1)公的年金を補完するものとして、2001年に法制化された。

(2)毎月の掛(か)け金(きん)を元手に、加入者である従業員が金(きん)融(ゆう)商品を選んで運用する。

(3)将来受け取れる年金額が、掛け金の総額より少なくなることはない。

(4)加入対象者が自営業者や一部の会社員に限られていた「個人型確定拠出年金」に、2017年からは公務員や専業主婦も入れるようになった。

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです