メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 宮原安定、SP3位

 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権は21日、ミラノで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)が74・36点で3位、同五輪出場を逃した樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は65・89点で8位につけた。

 地元のカロリナ・コストナー(イタリア)が世界歴代3位の80・27点でトップに立ち、平昌五輪金メダルの15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が79・51点で2位。同五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は右足の痛みのため出場していない。

 さいたま市で行われる来年の世界選手権の出場枠が懸かる重要な一戦。五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は右…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです