メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

行政、執拗な説得 手術拒否する親「無知と盲愛」 開示資料に侮蔑の言葉

強制手術を拒否する親を「無知と盲愛のため」などと侮蔑的な表現で非難する滋賀県開示の文書=遠藤大志撮影

 旧優生保護法の施行令に反し、強制不妊手術の適否を審議会で審議しないまま書面だけによる委員の「持ち回り審査」で決めていた問題。滋賀県が毎日新聞に開示した審査会資料には、書面審査で女性の手術が認められた後、拒否した親の理由を「無知と盲愛のため」と侮蔑し、手術を受けさせるよう執拗(しつよう)に説得していた事実が記録されていた。【遠藤大志、岩崎歩、岡正勝】

 手術は本人や家族の同意を必要としない同法4条に基づいていたが、親の反対で手術の実施が困難となったた…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです