メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

A級順位戦プレーオフ 羽生、10期目に挑む

名人への挑戦を決めた羽生善治竜王=東京都渋谷区の将棋会館で2018年3月21日午後10時58分、小川昌宏撮影

 史上初の6人による争いとなった第76期名人戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)のA級順位戦プレーオフは、羽生善治竜王(47)が2期ぶりの七番勝負登場を決めて決着した。七番勝負では、羽生の通算10期目の名人獲得、通算タイトル100期の大台をかけた戦いに注目が集まる。

 羽生と稲葉陽(あきら)八段(29)の挑戦者決定戦。振り駒で稲葉が先手になり、相掛かりの戦いになった。夕食休憩のあたりでは稲葉が…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです