メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翻訳サイト

14言語で食い倒れ 大阪府、店向け開設

翻訳した多言語メニューの例

 料理名や使っている食材をさまざまな言語に翻訳できる飲食店向けの無料サイトを大阪府が開設した。英語や中国語、韓国語、フランス語など14言語に対応し、メニューを作る際の手間を省力化できる。1000万人を超える大阪の訪日外国人(インバウンド)に「食い倒れのまち」を堪能してもらう試みだ。【藤顕一郎】

 サイト名は「TASTE OSAKA(テイスト オオサカ)」。2月末に開設した。府内の飲食店なら、店名と電話番号などを登録すると利用できる。

 お好み焼き▽たこ焼き▽天ぷら▽懐石料理--など30ジャンルは事前に用意。タコや紅ショウガ、豚肉といった食材も翻訳される。他のオリジナルメニューも、食材を組み合わせれば対応可能だ。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相、一律10万円「あれは政府の借金、さらに増やすのか」 再支給に否定的

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  5. 東京都内で新たに1175人の感染確認 重症者は158人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです