メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翻訳サイト

14言語で食い倒れ 大阪府、店向け開設

翻訳した多言語メニューの例

 料理名や使っている食材をさまざまな言語に翻訳できる飲食店向けの無料サイトを大阪府が開設した。英語や中国語、韓国語、フランス語など14言語に対応し、メニューを作る際の手間を省力化できる。1000万人を超える大阪の訪日外国人(インバウンド)に「食い倒れのまち」を堪能してもらう試みだ。【藤顕一郎】

 サイト名は「TASTE OSAKA(テイスト オオサカ)」。2月末に開設した。府内の飲食店なら、店名と電話番号などを登録すると利用できる。

 お好み焼き▽たこ焼き▽天ぷら▽懐石料理--など30ジャンルは事前に用意。タコや紅ショウガ、豚肉とい…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文656文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
  5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]