メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百貨店

伊勢丹松戸店閉店 最後の営業に行列

市民から受け取った花束を手に伊勢丹松戸店を閉店する橋同店店長ら=2018年3月21日、橋口正撮影

 伊勢丹松戸店(千葉県松戸市)が21日閉店し、44年近い歴史に幕を下ろした。この日は雨にもかかわらず午前10時の開店前から約1000人が並び、同店は10分早めて最後の営業を開始した。

 1974年に開店。地上11階・地下1階で売り場面積は延べ3万1268平方メートル。松戸駅西口地区の中核的な商業施設として市民らに親しまれたが2008年度から赤字が続き、昨年9月に閉店が発表された。

 1月17日から閉店セールを展開し、2月末にメッセージボードと桜の花びらを模したカードを用意。「松戸…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです