メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
歩行中の交通事故

小1死傷者、小6の3倍超 警察庁分析

 2013~17年の5年間に歩行中の小学生が巻き込まれた交通事故を警察庁が分析したところ、小1の死傷者数は7461人で、小6の2085人の3倍以上だったことが22日、同庁への取材で分かった。死者数に限ると差はさらに広がり、小6の4人に対して小1は32人と8倍となった。

 入学シーズンを前に、警察庁は「子どもがまねをするので、絶対に大人が横断歩道を赤信号で渡ったりしないでほしい」と呼び掛けている。

 警察庁によると、小1~6年の歩行中の死傷者数は5年間全体で2万7264人、このうち死者数は84人だ…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文745文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです