メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化で海面上昇

最大計2.5兆円の対策費必要、と試算

北九州港の太刀浦埠頭=北九州市門司区で2010年4月18日、本社ヘリから加古信志撮影

 地球温暖化で海面上昇や高潮の傾向が強まると、国内11の主要港湾で土地のかさ上げ工事などが必要になり、合計で最大計2兆5000億円の対策費が必要になるとの試算をシンガポールの調査会社が22日発表した。特に、千葉港の対策費は6600億円とアジア地域では最大で、今後、港湾整備計画を作る際には温暖化対策も考慮すべきだと指摘している。

 国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)によると、世界気温が産業革命前より平均約4度上が…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです