ゴマフアザラシ

赤ちゃん残し「ゴマミ」死ぬ 鹿児島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
来館者の人気を集めたゴマミ=かごしま水族館提供
来館者の人気を集めたゴマミ=かごしま水族館提供

 鹿児島市本港新町のかごしま水族館で飼育していたゴマフアザラシのゴマミ(雌、4歳)が18日に死んだ。同館がアザラシの飼育を始めた2013年にやってきた人気者だった。13日に初めての赤ちゃんを産んだばかりで、関係者は落胆しつつ「赤ちゃんを大切に育てたい」と話す。

 ゴマミは2013年12月に公開。同年6月に同館に来たゴマフアザラシのゴマタロウ(雄、6歳)とともに水族館初のアザラシとして人気を集めた。愛称を公募すると1434点が寄せら…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

あわせて読みたい

ニュース特集