メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友文書改ざん

祝日、雨の街頭で野党各党「真相解明を」

学校法人「森友学園」を巡る財務省文書改ざん問題を受けて開かれた街頭演説で、政府の対応を批判する立憲民主党の枝野幸男代表の演説を聞く人たち=JR新宿駅前で2018年3月21日午後5時59分、宮間俊樹撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、野党各党は春分の日の21日も街頭などで真相解明の必要性を訴えた。

 立憲民主党は同日夕、東京・新宿で街頭演説会を開き、真冬に戻ったような冷たい雨が降りしきる中、約1000人が参加。枝野幸男代表は「安倍昭恵氏は首相夫人であり、純粋な…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福島第1原発 2、3号機の格納容器上部で約2~4京ベクレル 原子力規制委調査

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです