メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

「デジタル課税」案公表 米グーグルIT大手対象に

米グーグル本社=AP

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州委員会は21日、米グーグルやフェイスブックなどIT(情報技術)大手を対象とした独自の「デジタル課税」案を公表した。課税対象を利益から売り上げに切り替えて、税逃れを防ぐのが狙いだ。だがIT企業を多く抱える米国は反対姿勢を鮮明にしており、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を巡って対立が続く米欧関係の新たな火種となりそうだ。

 EUが課税対象として想定しているのは、世界での売上高が年7億5000万ユーロ(約975億円)以上で…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文851文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです