メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露外相会談

領土問題、険しさ増す

共同経済活動5項目の進展状況

ラブロフ氏、安保でけん制

 21日の日露外相会談では、北方領土での共同経済活動の具体化に向け作業を加速することで一致したが、日露双方の主張の溝は深いままだ。日本は、共同経済活動を行う際に双方の法的立場を害さない「特別な制度」を導入し、領土問題解決の糸口にしたい考え。一方のロシアは、ロシア法の適用下での活動を想定し、実効支配の強化を狙う。北方領土問題の解決に向けた道筋は見えないままだ。

 日露外相会談はプーチン氏の大統領選4選後、初めて。日本政府関係者は「領土交渉は強いリーダーシップと求心力がなければ合意ができない」と指摘。大統領選でさらに政権基盤を盤石にしたプーチン氏が領土問題でも指導力を発揮することを日本側は期待する。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです