メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第2部・ベトナム戦争の傷痕/下 枯れ葉剤 米国に残る傷

生後9カ月ごろとみられるジェニファーさんの写真。後ろに映るのは父親のダニエルさん=米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア近郊で2018年2月25日、國枝すみれ撮影

 ベトナム戦争中、米軍は1962年から約10年の間に北ベトナム軍やゲリラの隠れ場所や食料を奪うため、ベトナムの森林に約7570万リットルの枯れ葉剤を散布した。結局、米軍は敗退。枯れ葉剤が引き起こしたと考えられている健康被害は、現地の人々だけでなく多くの米帰還兵とその子供も苦しめている。

 ホーチミン市の「戦争証跡博物館」に、右腕がない白人の幼女の写真が飾られている。ジェニファー・ローニーさんは撮影当時2歳半。父親のダニエルさんは、枯れ葉剤散布のピーク時にあたる67~68年にベトナムで戦った帰還兵だ。

 ジェニファーさんはいま、37歳。10歳の娘を持つ母親だ。父の出身地である東部ペンシルベニア州のフィ…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1252文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです