メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 報道の魂、鮮明に描く

 1971年、ニクソン政権下の米国で、トルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソンの4政権にわたって隠蔽(いんぺい)されてきたベトナム戦争の機密事項を記した文書“ペンタゴン・ペーパーズ”がニューヨーク・タイムズによって報道された。戦局が思わしくないことを把握しながら戦争を継続してきた事実などが盛り込まれ、その内容に米国中が騒然となった。

 スティーブン・スピルバーグ監督はこの実話をニューヨーク・タイムズを舞台に描くのではなく、ライバル紙…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです