メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4Kテレビ

発売は秋ごろ 実用放送12月開始、8Kも 政府の目標は「2020年5割普及」だが…

 BSやCSを利用した超高精細映像4K・8Kの実用放送が今年12月、スタートする。4K・8Kは現在の放送とどこが違うのか? 4K・8Kに関する疑問を分かりやすく解説する。【屋代尚則】

 ●画素数増えきれいに

 Q そもそも4K、8Kはどういう意味?

 A K(キロ)は基準となる単位の1000倍に当たることを示します。つまり4Kは4000を意味します。テレビは画面を構成する微小な素子(画素)の一つ一つが発色し、文字や動画などを描き出します。現行の主なテレビ画面は横方向の画素数が1920ですが、4Kテレビは3840、8Kテレビは7680です。その画素数にちなみ、現在のテレビは2K、新たな超高精細映像が4K、8Kと呼ばれているわけです。画素が増える分、きめ細かい美しい映像を楽しめます。

 Q 早く見てみたいけど、もう見られるの?

この記事は有料記事です。

残り1473文字(全文1835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 槙原敬之容疑者「18年以降はやっていない」 覚醒剤所持容疑 パイプ唾液DNA一致

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです