特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

春ありて 90回開幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第90回記念選抜高校野球大会の開会式で、一斉行進する選手たち=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影
第90回記念選抜高校野球大会の開会式で、一斉行進する選手たち=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影

 <センバツ高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)が23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。記念大会のため、例年より4校多い過去最多タイの36校が参加し、開会式終了後、熱戦の火蓋(ひぶた)が切られた。

 開会式は午前9時に始まり、前年優勝校の大阪桐蔭(大阪)、準優勝校で今大会は出場ならなかった履正社(同)を先頭に北から南の順に入場した。行進曲「今ありて」に合わせ、各校の選手たちは力強く手を振ってグラウンドを行進した。

 大阪桐蔭の中川卓也主将(3年)らによる優勝旗、準優勝旗の返還に続き、大会会長の丸山昌宏・毎日新聞社社長があいさつ。スポーツ庁の鈴木大地長官が祝辞を贈り、八田英二・日本高野連会長が励ましの言葉を述べた。その後、瀬戸内(広島)の新保利於(しんぽりお)主将(3年)が「ベストを尽くし、感動を与えるようなプレーをすることを誓います」と、大きな声で選手宣誓した。

 大会は準々決勝翌日の休養日を含め13日間。今回から初めてタイブレーク制度が導入される。【畠山哲郎】

次に読みたい

あわせて読みたい