特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

つなぐ

センバツ90 ドラマ見つけて お笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建さん(45)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

 高校野球の面白さに目覚めたのは2009年夏、母校の日野高校(東京都日野市)が強いらしい、と聞いて球場に行ったのがきっかけです。都立らしからぬ攻撃的なプレーに感動したんですが、西東京大会準決勝で日大三に負けてしまう。その日大三に注目していると、もっと強い学校が現れ、さらにより強い学校が。そのたびに「こんな強いやつらがいるのか」と。漫画「ドラゴンボール」のような世界に、あっという間に引き込まれました。

 そうすると、選手個人のストーリーにも興味が湧く。365日、懸命に野球に向き合ってきた子たちの努力や挫折、成長ぶりを知ると、ただでさえ素晴らしい試合がとんでもなく感動的なものになる。公式戦のプレーは高校野球のごく一部で、控え選手やブラスバンドの生徒も含め至るところにドラマがある。「高校野球に捨てるところなし」なんです。

 センバツは、春に向けて真剣に取り組んできた成果を見られる大会です。身体が大きくなり球速も上がる。補欠だった子がレギュラーになる。春から夏の成長を見た時の驚きを10とすれば、秋から春の成長は30とか50になる。彼らの努力を思うと感動するし、この子は将来どうなるのかと想像するのも楽しい。

 もちろん初めて高校野球を見る人にもおすすめです。春は波乱が起こりやすいし、夏バテがないので最後までハイレベルな投球を見ることができる。面白い試合が多いんです。

 今年は春が90回、夏が100回の記念大会です。注目度は確実に高まる。野球に関わるすべての子たちに、やりがいをもってやってほしいと思いますね。

 センバツを見に行く時はダウンジャケットを忘れずに。昼間は暖かくても、夕方は一気に冷え込みます。球場に足を運ぶと「僕はあの場面を見たんだよ」とみんなに語れるようなすごい試合に遭遇します。あれほどのワクワク、ドキドキは高校野球ならでは。たくさんの人に、甲子園で一生ものの財産を見つけてもらいたいですね。【聞き手・青木純】=随時掲載

    ◇

 90回記念大会のセンバツが開幕し熱戦が繰り広げられている。野球はよく知らなくても、甲子園の魅力は知ってほしい--。そんな思いを持つファンの著名人らに、プレーの魅力や楽しみ方について語ってもらった。


 ■人物略歴

わたべ・けん

 東京都八王子市出身。テレビ朝日系「アメトーーク!」で高校野球を熱く語る一方、食通としても知られ、「アンジャッシュ渡部の大人のための『いい店』選び方の極意」(SB新書)を今年1月に出版した。

関連記事

あわせて読みたい