メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
県立高再編

五戸高の存続断念 町長表明「今の財政で不可能」 創立90年の年「残念」 /青森

五戸高校の存続断念について記者会見する三浦正名町長=五戸町役場で

 県教委が2020年度から生徒募集を停止する方針を示した五戸高について、町立高校などとしての存続を検討してきた五戸町の三浦正名町長は22日、財政負担が重すぎるとして存続を断念すると表明した。今年で創立90周年を迎える町唯一の高校は計画通り2021年度末で閉校し、長い歴史に幕を閉じる。【塚本弘毅】

 三浦町長はこの日、町役場で非公開で開かれた町議会全員協議会などで断念を決めた理由などを報告した。町の調査報告書などによると、町立で運営した場合、国の交付金や授業料などを見込んでも年間負担は約1億2400万円、校舎の大規模改修などで将来の負担が約15億円に上ることが判明したという。

 記者会見で三浦町長は「今の町の財政の中では不可能。大変遺憾だが断念する」と述べた。私立としての存続…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文885文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです