メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/8 楽士・中沢寅雄の手記(3) 迫る戦争 転業相次ぐ /東京

 「昭和九年六月徴兵検査会場上野区役所。第一乙種第二補充兵」(中沢手記)。体のあまり丈夫でない中沢寅雄の召集はまだこの先のことだ。

 「昭和七年~十三年当時東京市内のチンドンマン約三千人と推定(ビラ配り旗持ちは別)」「チンドン全盛期、一日と十五日の定期売り出し、毎週月火水木金土の特売、(中略)毎日二、三組のチンドン屋と鉢合わせしたものだ」

 「鈴本の勘ちゃん」こと鈴勘一同は、本郷田町から小石川富坂町(現・小石川2丁目)の6部屋2階建てへ移…

この記事は有料記事です。

残り1481文字(全文1700文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです