特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

いよいよ始まる 富山商主将ら開会式リハーサル /富山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開会式リハーサルに臨んだ富山商の前田光陽さん(左)と福島幹主将=阪神甲子園球場で、鶴見泰寿撮影 拡大
開会式リハーサルに臨んだ富山商の前田光陽さん(左)と福島幹主将=阪神甲子園球場で、鶴見泰寿撮影

 <センバツ2018>

 センバツの開会式リハーサルが22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。雨天のため全出場選手による入場行進の練習は中止になり、36校の主将、プラカードの担当者が簡略化したリハーサルに臨んだ。富山商の福島幹主将(3年)は「いよいよ始まる実感が湧いてきた。センバツ旗は重たいが県代表として元気よく歩きたい」と気を引き締めた。

 各校の主将らはグラウンドの人工芝を歩き、スタンドや室内練習場で選手宣誓の際の手順などを確認した。他の選手はスタンドでリハーサルの様子を見守った。

 富山商のプラカードを持つのは野球部員の前田光陽(こうよう)さん(3年)。甲子園入り直前に、前崎秀和監督から「選手の人望が厚い」と指名された。前田さんは「甲子園に立ててうれしい。制服姿で身が引き締まる。チームの先頭として、足を90度に曲げ、富商らしいそろえた行進をしたい」と意気込んだ。

 チームはこの日午後、兵庫県尼崎市の市立尼崎高で約1時間汗を流し、25日の初戦に向けて調整した。【鶴見泰寿】

関連記事

あわせて読みたい