ボイスガイド

視覚障害者に映画の場面説明 ウィルあいちで講習会、受講生募集 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上映会に向け、映像に合わせて台本を読むガイド=名古屋市東区で
上映会に向け、映像に合わせて台本を読むガイド=名古屋市東区で

 目が不自由な人に映画の場面説明をするボランティア「シーン・ボイスガイド」。名古屋で活動するフリーアナウンサーの岡本典子さん(77)は2001年、同ガイドを養成する講習会を全国で初めて開いた。「ガイドの人数だけ映画に触れる人が増える。障害の有無などに関わらず誰もが情報を得られる“情報保障”を映像メディアの分野で充実させたい」と話し、新年度の受講生を募集している。【大野友嘉子】

 「ティーカップに目と口。取っ手が鼻になっている」「鏡に向かってポーズを取る」「キャベツを踏みつけながら庭に入る」……。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文937文字)

あわせて読みたい

注目の特集