メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

名古屋城こども王位戦 輝きだした8歳新星 伊賀の岡森志穂さん、決勝大会へ /三重

 小中学生を対象にした将棋の全国大会「名古屋城こども王位戦」の決勝大会(24日)に、伊賀市立府中小2年、岡森志穂さん(8)=同市外山=が出場する。先月の予選大会でベスト4まで勝ち進み、決勝大会への出場権を獲得。当日は副賞のプレゼンターとして藤井聡太六段が来場する予定で、志穂さんは夢の対面を待ちわびている。【広瀬晃子】

 志穂さんは父親の影響で6歳から将棋を始めた。姉の美吹さん(同小3年)は、藤井六段が小学生時代に制し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです