名張桜まつり

演奏やフリマ、短冊コン きょうから /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第23回名張桜まつり(実行協議会主催)が23日から、名張市夏見の名張中央公園で始まる。4月7日には舞台イベントやフリーマーケットなどの催しがあり、願い事を書いて桜につるす短冊コンテストの参加者も募集している。

 同公園は800本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所。まつりは13日まで(開花状況で変更あり)で、600メートルの桜並木に600個の提灯(ちょうちん)を点灯し、開花状況に応じて一部道路を歩行者天国として開放する(午前9時~午後9時半)。

 7日のイベントは午前10時~午後4時にあり、ステージにはバンドや太鼓演奏、ダンスや歌謡ショーなどの15組が出演。40の模擬店や45ブースのフリーマーケットも出店する。荒天時は8日に延期。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文564文字)

あわせて読みたい

注目の特集