特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

きょう開幕 下関国際、開会式リハーサル参加 主将「元気よく行進」 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トスバッティングで打撃の感触を確かめる選手たち 拡大
トスバッティングで打撃の感触を確かめる選手たち

 <センバツ甲子園>

 23日開幕の第90回センバツ(毎日新聞社、日本高野連主催)の開会式リハーサルが22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。県勢の下関国際からはマネジャーの辻原輝(こう)さん(3年)と浜松晴天(そら)主将(同)が行進練習に参加した。【佐藤緑平】

3日ぶり屋外練習も

 雨による影響で、リハーサルは一部内容を変更。出場校の選手らは、水たまりの残るグラウンドを避けて行進を練習した。プラカードを持つ辻原さんは「36校で一番の行進をしたい」と意気込み、浜松主将は「大きい声で元気よく行進します」と話していた。

 その後、選手たちは三田学園高(兵庫県三田市)に移動し、3日ぶりに屋外での練習に臨んだ。グラウンドを存分に使い、外野からの中継プレーを確認したほか、打撃練習では、鶴田克樹選手(3年)や吉村英也選手(同)らが快音を響かせていた。

 中軸の川上顕寛(たかひろ)選手(同)は「(屋内の球場とは)見える景色も違って、送球の距離感とかも確かめられたので貴重な練習でした」と充実した表情を見せた。

 下関国際は大会第4日の第1試合(26日午前9時開始)で創成館(長崎)と対戦する。

〔山口版〕

関連記事

あわせて読みたい