特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

強者に勝て

’18センバツ下関国際 第3部・選手紹介/9止 児玉裕大捕手/鎌倉弘人外野手 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

「全国制覇」へ大声出して 児玉裕大捕手(2年)=広島・口田中

児玉裕大捕手 拡大
児玉裕大捕手

 「1勝ではなく全国制覇をしたい」。センバツは捕手と内野手の控えとしてメンバー入りしたが、目指す場所はレギュラーの仲間たちと同じだ。

 地元の硬式野球チームで下関へ遠征した際、相手チームの監督の目に留まった。「肩が強くて、声も出る捕手がいる」と伝え聞いた坂原秀尚監督に誘われて「ここなら甲子園に行ける」と信じて下関国際を選んだ。

 ベンチから少しでも役立とうと、ピンチの場面では「シングル(単打)オッケー」と声を掛けて楽にさせ、攻撃時に味方が出塁すれば相手バッテリーを揺さぶる大声を出す。

 一方で「プレッシャーに弱い」と自己分析する。エラーをすると引きずりがちだったが、最近は「チームのため」と言い聞かせ、気持ちを落ち着かせる。ベンチの自分に声が掛かり、勝利に貢献する日を辛抱強く待つ。

一球一球に魂こめる 鎌倉弘人外野手(3年)=兵庫・別府中

鎌倉弘人外野手 拡大
鎌倉弘人外野手

 本職は左投げの投手だが、外野の守備や、代走も任せられるユーティリティー・プレーヤー。

 兵庫県加古川市出身で、同県西宮市の甲子園球場に中3の夏、初めて足を運んだ。当時早稲田実業1年の清宮幸太郎選手(現日本ハム)が、本塁打を放った時の大歓声は忘れられない。

 短距離走が特別速いわけではないが、ポジショニングと、動き出す最初の1歩の速さを意識してカバーする。冬の間は、飛んでくる打球を目で追わず落下地点を予測して、守備範囲を広げることを心がけた。

 昨夏の甲子園はスタンドから応援し、OBや保護者ら、周囲から野球部を支えてくれる人たちの有り難さを実感した。「いろんな人のおかげで野球ができている。一球一球に魂をこめていきたい」。その表情に気負いはない。=おわり

関連記事

あわせて読みたい