メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島市

命名権、6施設の新名称が決定 年間1355万円の収入 /徳島

ネーミングライツ制度で決まった新しい施設の名前を披露する企業の代表者ら=徳島市役所で、蒲原明佳撮影

 厳しい財政状況で新たな収入を増やすために徳島市が始めたネーミングライツ(施設命名権)制度で、公募していたとくしま動物園など8施設のうち6施設の名前が決まった。年間合計約1355万円の収入となる。22日に市役所であった契約締結式で、遠藤彰良市長は「愛称の定着を目指し、大切に使わせていただく」と述べた。【蒲原明佳】

 1月23日から募集。提案された中から、市や外部の委員で選定。市内に本社を置く建設業や金融機関などが…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです